台湾の企業に就職するために私が実際行った方法7つ

04.台湾で働く

どうも、現在台湾現地採用の正社員として働いて4ヶ月のこやまです。

私は台湾の仕事探しを2回行っています。1回目は東京に住んでいる時、2回目はワーホリで台湾に滞在している時です。

台湾就職は簡単ではないことは分かっていたのですが、実際に探してみて本当に難しいということを実感しました。

なんとか情報が欲しくていろんな人のブログを読み漁ったけど、ネットで調べれば調べるほど、台湾で就職することがいかに困難かという現実を突きつけられるようでした。

台湾人と結婚していて配偶者ビザがあったり、台湾の大学を卒業していたり、コネがあったりという人たちばかりでそもそも自分とは条件が違ったのです。

ネットにある情報には限りがあると気付き、実際に動き出してみていろいろ模索した結果、なんとか今のビザを出してくれる就職先を見つけました。誰かの参考になれば幸いです。

就職先に求める条件

  • 就労ビザを出してくれる(天引きなしで外国人給料を出してくれる)
  • できれば事務職
  • 日系企業でも台湾企業でも可
  • 残業はなるべくなし

自分のスペック

  • 大学卒業後2年以上の就業経験あり
  • 事務の経験は2年以上
  • 中国語は準ビジネスレベル(社内コミュニケーションは中国語で可能)
スポンサーリンク

実際に行った台湾で仕事を探す方法

台北掲示板の求人欄をチェック

台北掲示板の求人欄をチェックしてました。でもどれもパッとしないんですよね…。

ベンチャー企業で一つ興味のあるポジションがあったので連絡してみたものの、返事はきませんでした。

また、よくみると半年おきぐらいに同じ役職の求人が載っていることが分かります。そういう求人は何かしら問題があるんじゃないかなと思います。

逆に求職欄を使ってみるのもありかも。私は使ってないけど。

海外現地就職向けの求人サイトを見る

どれも種類が限られている印象

AHR

カモメアジア就職

台湾の人材紹介会社に登録する

いろんなブログでおすすめされてますが、私としては人材会社に登録してもそんなに使えなかったなという感想です。

登録して面談はしてみたものの、面談でのスタッフの態度がひどい会社や最初の面談だけでその後一切連絡のない会社などがありました。

日本人向けの求人は本当に多くないしあっても既にビザを持っている人のみ募集だったりもするので、人材紹介会社に登録したら安心とはならないのです。

Pasona

Reeracoen

PERSOL TAIWAN

求人情報サイト104をチェック

台湾の求人情報が集まったサイト、104や1111も見ていました。

でも私の探し方がいけないのか、あんまりピンとくる会社はなく…。

「日本人」「ネイティブ」とキーワードに入れても、似たような求人しかない…。

104人力銀行

1111人力銀行

178人力銀行

履歴書をしっかり書くと企業からオファーが来るという話も聞いたのですが、私の場合はそういうのはなかったです。

日本の求人サイトで台湾求人を探してみる

Wantedly

「台湾」で検索したら1社現地採用を募集しているベンチャー企業がありました。

とりあえずコンタクトを取ってみたけど連絡がなく、そこの会社のHPから直接履歴書を送りました。

けど連絡も遅いし面接で社長が人格否定をしてくるという最悪のケースだったので、ピンキリですね。

ネットで検索しまくる

いろんなキーワードでGoogle検索をします。

ワーホリ時代の就職先はこれで見つけました(インバウンド関連)

台湾に進出している日系企業や日本人が起業した会社が出てきます。

・「台湾 現地採用」

・「台湾 正社員」

・「台湾 求人」

・「台湾オフィス 求人」

・「台湾支店 求人」

・「台湾支店 採用情報」

・「台湾進出サポート」

ネットでの情報収集に限界を感じ、やり方を変えることに

ここまで書いたことをやってみて、ネット上で調べることの限界を感じました

どんなに探しても情報が出てこない。自分が働いてみたい会社はどんなに探してもない。

そこで、仮説を思いついたのです。

ネットにある情報なんてごく一部なのではないかと。重要な情報はネットには出回ってないのではないか、と。

ということで人に直接話を聞いて情報収集することにしました。

台湾で働く現地採用者に実際に話を聞いてみる

まず、無理矢理出したツテで台湾の日系企業でマネージャーをされている方に話を聞きました。

もしその人の会社で求人があればあわよくば…という思いもありつつ。笑

こういう人材は取りたくなるよねという面接時の具体的なアドバイスをいただき、かなり勇気付けてもらいました。

現地採用の人をどうやって探せばよいのか

上記のマネージャーさんは友人に頼んでバイト先の上司を紹介してもらいました。

また、自分の知り合いでは限界があるのでTwitterで募集して何人かの方からお話を伺いました!

ネットにはない色んなアドバイスを教えていただきました。

結局この時にお話を伺ったご縁が今の就職先に繋がっています

こやま
Twitterを使ってまで職を探すとかほんと使えるものは全て使ってる感じ。

他にもできそうな就職活動

  • FBの日台交流のグループなどで自己紹介して仕事を探していることを発信してみる
  • 自身のTwitterやFBページでも仕事を探している旨を発信する
  • Linked inでしっかりと履歴書を書いて外資を狙う
こやま
私はやってないけど、こういう手もあったなと思う

まとめ:自分の足で情報を集めるのが一番良い

ネットで募集して話を聞くというのは少し勇気がいることでしたが、背に腹は変えられぬということで、結果的に収穫があってとてもよかったです。

人から話を聞いた方がずっとためになったし、何よりモチベーションが上がりました。

 

また今回よく分かったのは、ノースキルの日本人が働ける事務職ってそうそうないということ。

私は奇跡的に見つかったけど、今の仕事以外にはもう見つからないんじゃないか…ってレベル。

でも、私が知らないだけでコネとかある人は簡単に見つけられるのかもしれない。

👉台湾の仕事探しについておすすめブログ

私と同じように台湾の現地採用で働かれている07-17さんのブログもリアルな就職活動の様子が書かれていておすすめです!

台湾で就職活動!実際に私がやってみた仕事探しと失敗談と帰国した経緯についてまとめてみる(07-17

30代後半でも台湾で仕事のチャンスがある?現地採用が決まった経緯と台湾就職活動の話

スポンサーリンク