【富山空港発】富山から台湾(台北)への行き方をレポートします

04.台湾旅行

こんにちは!

最近は地方でも台湾との直行便が増えてきましたね。

普通の航空会社はLCCと比べると値段は高いですが、都市部まで行く手間を考えると直行便のほうが断然楽でおすすめです。

今回は富山空港から台北に直行便が飛んでいるので乗ってみました!

実際に乗ってみると、小さい空港なので混雑してなくて搭乗もスムーズ。

大きな空港だと旅行に行く前から疲れてしまうのですが小さい空港だとそれもない。

わざわざ東京を経由することなく直接台湾に行けるので本当に便利です。

富山空港は富山県在住者や新潟県の上越地域の住む人にはおすすめです!

スポンサーリンク

富山〜台北線の基本情報

富山空港から台北(桃園空港)まで直行便が飛んでいます。

飛行時間は約3〜4時間、料金は5万円から

 

1日一本飛んでいて、曜日は月・木・金・日だけなので気をつけてください。

航空会社はチャイナエアラインという台湾の会社です。

参考 富山空港から台北への時刻表(富山空港HP)

●富山空港からの台北行きの航空券を探す⇒スカイスキャナー
※検索時のポイント 出発日と現地出発日を「月・木・金・日」の中から選ぶと直行便が出てきます。

富山駅から富山空港へバスで行く

富山空港は富山市の郊外にあります。

新幹線が停まる富山駅から空港行きの直通バスが出ています。

富山駅から富山空港へのバスは所要時間約20分。片道410円です。

富山駅1階北口に出ると、バスターミナルがあります。そこの6番乗り場から空港行きのバスが出ています。

支払い方法は現金か富山の交通系ICカード。ICカードでSuicaは使えず、富山地域で使われているecomycaというカードのみ使用可とのことでした。

バスの時刻の目安

空港線の時刻表の下の方に親切にも「国際線対応」と書いてあります。

この時間のバスに乗るとちょうどよいという目安です。

私が乗ったときは、時刻表通りのバスに乗って空港に行くと搭乗時間の約1時間半前に着きました。1時間半前到着でも空港内が空いていたので、余裕を持ってチェックイン手続きができました。

参考 富山空港線バス時刻表

コインロッカーもある

コインロッカーもあります。

料金は小型が300円、大型が500円。使用期間は7日以内。

冬場は台湾と日本海側では寒さが違うので、厚手の上着と長靴を履いて空港まで来て、ここで預けるのもいいですね。

空港に着いてから

富山空港は地方にある小さな空港です。中のつくりもシンプルなので、空港の中で迷うことはないと思います。

まずはチェックインですね。一階のチェックインカウンターでパスポートを見せてチケットを発券しましょう。荷物を預ける場合はここで預けます。

チェックインが終わったら2階に上がって手荷物検査へ。液体物は個別の袋にいれましょう。機内に持ち込めないものもあるので要注意です。

出国審査を終えると、待合室へ。

ワンフロアのみで、お土産屋さんもひとつだけなので搭乗までの待つ時間が長いと退屈します。

全体的にお客さんは台湾からの団体が8割位の印象です。チェックインも手荷物検査もに空いているので待ち時間なくスムーズに搭乗ゲートまで行けました。

機内の様子

機内に乗ったら映画を見たい!と思っていたのですが、私が乗っていた飛行機には個別モニターがありませんでした。

本も持っていなかったので時間が潰せない…。仕方ないので寝ました。笑

さあお待ちかねの機内食!

鶏肉か台湾風焼きそばの2種類の中から選べたと思います。写真左下にあるクッキーがおいしかったです!

台北(桃園空港)に着いてから

約4時間のフライトを終えて台湾で着いた先は台北市内から電車で40分ほどの郊外にある桃園国際空港。

着いてから預けていた荷物を受け取り電車に乗るまで最低でも1時間はかかると思っていたほうがよいです。

特に入国審査は結構混んでる場合もあります。特に日本の大型連休や中華圏の連休(春節など)は混んでいる可能性があります。

桃園空港から台北市内への移動はMRT(電車)が便利

桃園空港から台北市内に行くには大きく2つの行き方があります。

MRT(電車)バスです。

市内に出るのに個人的におすすめなのがMRTです。早くて、快適で、分かりやすいから!

2017年にできたばかりで新しく、システムも日本の電車と似てるので使いやすいです。何より、乗っていてバスよりも疲れない!

各駅と急行があるので、そこだけ要注意です。急行のほうが途中で停まる駅が少ないので疲れにくいです。

参考 桃園空港から台北駅へ電車(桃園MRT)で行く方法 | ナカジマチカ

台北市内は3泊4日あれば十分回れる

何日あれば台湾旅行が楽しめるかという問題なのですが、台湾が初めてという方や2回目位の方には3泊4日がおすすめです。

台北市内で観光名所を巡るのであれば3泊4日あれば十分余裕をもって回れると思います。

最終日が朝発の飛行機で遊ぶ時間がないので、2泊3日だとちょっと時間が足りないんですよね。

【帰り】台北市内から桃園空港への行き方

台北市内から桃園空港に行くときは24時間営業のバスで行くことをおすすめします。

というのも台湾から富山空港に帰る便は朝が早いから。(台北8:00発、富山11:50着)

MRTでも行けるのですが、朝6時が始発なので早くても空港に着くのは6:40。

桃園国際空港は大きい空港なので混んでいた場合、搭乗までの時間がギリギリになる可能性があります。

搭乗時間の2時間前には空港に着いたほうがよいので、MRTだと少し心配ですね。

 

24時間運行している空港までのバス乗り場は台北駅の東隣にあります。

参考 台北駅から桃園空港へバスで行く方法を解説 | ナカジマチカ

ホテルは空港行きのバス乗り場周辺がおすすめ!

バスに乗ることを考えるとホテルはなるべく台北駅の近くにあるほうが便利です。

台北駅周辺で私が泊まってよかったホテルを挙げておきますね。

<ドミトリー(相部屋)>

  • ミニイン(空港行きのバス乗り場まで徒歩6分。リーズナブルなお値段できれいなドミトリー。)
  • Bouti シティ カプセル イン(台北駅前にある。空港行きのバス停まで徒歩12分。こちらもきれいでリーズナブルなドミトリー)

<ホテル>

帰りの機内の様子

台北から富山空港に向かう機内は行きと同じでモニターはありませんでした。

機内食も2種類から選べます。メニューは両方とも肉系でした。

まとめ:小さい空港だと混み合わずストレスがかからなくてよい

結論として、富山空港いいですね!

成田空港や関西国際空港だと大きすぎて混雑していて旅行前からぐったりしてしまうのですが、小さな空港からだとそんなストレスも少ないのがよいです。

海外旅行が人生で2度目の私の父親も一人で富山空港から台湾に来れたので、旅慣れてない人でも安心です!

あと富山空港は駐車場も無料なので、空港まで車で行って、旅行中はそこに止めておくこともできます。便利ですね〜。

 

*今回は2017年12月中旬に乗ったときの情報なので、変更がある場合があります。ご了承ください。

●富山空港からの台北行きの航空券を探す⇒スカイスキャナー
※検索時のポイント 出発日と現地出発日を「月・木・金・日」の中から選ぶと直行便が出てきます。

スポンサーリンク