プログラミングに挫折して映像編集を学ぶことにしたという話

06.映像編集

台湾から日本に戻った頃、また台湾に戻るためにいろいろと作戦を練っていました。

台湾に戻るのであれば現地で雇われて働くのではなく、パソコン一台あればできる仕事で日本円で稼ぎたい…。

そう思ってプログラミングをオンラインで試しに学んできました。

プログラミングの勉強を始めました!海外でも生きていける人材になるぞ!

が、なかなか勉強に身が入らず夢は遠のくばかり。

そんな時に映像クリエイターサロンという映像編集を少人数で学ぶ講座のことを知りました。

現在は1月から大阪に移動しプログラミングではなく映像編集を学んでいます。

今回はそれに至るまでの話をします。

スポンサーリンク

プログラミングに挫折した原因

HTMLとCSSを一ヶ月勉強してみていろいろ気づきがありました。

  • プログラミングは面白いと聞くけどその面白さが一向に分からなかった
  • CSSを変更してデザインが変わるのはまあ面白いけど、そこまででもない
  • ホームページを作るだけだと未来が見えない
  • コーディングの自動化のソフトも出てきたので、近い未来コーディングはなくなる
  • 学びと稼ぐ間にものすごいハードルがある。独学の限界

結果、一ヶ月してProgateのHTMLとCSSの講座をほとんどやり終えた後は一向にパソコンに向かわなくなってしまったのです。

なぜ映像編集なのか

それでプログラミングの学習で挫折して鬱々としていた時に、Twitterで映像クリエイターサロンMoocres(以下、ムークリ)の存在を知りました。

ムークリのページに書いてあった言葉が胸に刺さったんですね。

 

「フリーランスになりたいけど専門性がない…。ライターだと単価低すぎ…」

まさに自分のことだなと。

  • 専門性があること
  • 単価が高い仕事であること
  • 今後も需要が見込めそうなこと
  • 実際に直接教えてもらえるので挫折しにくい
  • 稼ぎながら学べる!

こういう部分がよくて映像編集を学ぶことにしました。

手に職をつけたかったんです。自分にはこれといって尖った武器がないことが不安だったんです。これできます!と言えることがないことが。

場所に関係なくどこでも暮らせる生活を実現できそうなのもよいですね。

台湾で調査を続けたいということや、半農半Xへの憧れもあり短い時間で高単価な仕事がよかった。新潟で大雪が降ったときでも危ないのに車で通勤する様子を見て自分は雪が降ったり天気が悪いときに外に出なくてもよい仕事がしたいと思ったのです。

ただ正直不安もある。

かなり急に大阪に行くことになり不安だったことも沢山あります。

そのサロンは信用できるのか?

私が参加している映像クリエイターサロンが今回が一期生ということで実績があるわけではないんですね。

大阪に行くまで直接講師の方に会ったこともありませんでしたし(スカイプ越しで面談はあったけれど)。半年間勉強をして本当にお金が稼げるようになるかどうかは保証はされていない。

この点は賭けでもありました。まだ1ヶ月だけですが実際に講義を受けてみて講師の方も一生懸命に取り組んでくださっているのが分かるので、自分も頑張ってへばりついていくしかないと思っています。

ただサロンのページに書いてあった、1ヶ月で稼げるというのは無理だと思いました。とてもそんなレベルにまでいけません。

映像編集という仕事が自分に合っているのか?

映像編集が自分に合っているかどうかはやってみないと分かりませんね。大阪に来る前には自信がなくて、認知特性診断というのをして不安を紛らわせました。

情報の認識方法にどういう特性があるのか見るものなのですが、私の場合見た情報を処理するのが得意な「視覚優位者」でした。

これなら映像編集系も向いてるかもしれない…!?

お金は足りるのか?

実際に必要になる費用を出せるのかという問題。毎月約3万円の講座代とパソコン購入費、さらに大阪での生活費。少ない額ではありません。

私の場合は貯めてたお金がまだ少ないながらありましたし、固定費をできるだけ下げる方向でなんとか切り抜けられそうでした。

固定費を下げるために今はゲストハウスに住み込みで働いてます。ゲストハウスの手伝いをする代わりに宿代が無料になるというものです。これから別にバイトも始めるところです。

映像編集について半年間での目標

  • 半年後には月10万円、2〜3年して月収20万円くらい稼げるようにはなりたい。
  • 映像クリエイターとして委託契約を結べるくらいのレベルになる
  • 歴史の面白さを伝えて、自分の作品が博物館の説明で使われるようになりたい

さあ半年後どこまでいけるでしょうか。

映像編集をなりわいの一つとして、将来的には台湾と日本の二拠点生活やヨーロッパへの短期滞在を実現したいです。

作ってみたいのはこういう作品

クリエイターサロンではプロ向けの映像編集をしていくということなのですが、それとは別に自分で作ってみたいものがあります。

それは静止画を動かすこと

この映像サロンの存在を知る前から作ってみたいなと思っていた作品があります。

こういう風に平面的な絵を動かして音をつけることで、絵や物語が立体的に見えてくることが面白いと思うんです。

 

他の目標

せっかく大阪、初めての関西圏に来たので他にもやってみたいことがあります。

  • 産業遺産のまちあるき、ワークショップの手伝いをする
  • 面白い若者とつながる
  • 図書館で台湾や歴史関係の本を読む
  • 好きな団地を巡る
  • まちあるきをして大阪の歴史を探る

限られた時間と資源(お金)の中でどこまでやれるか?楽しみです。

スポンサーリンク