公務員を辞めたタイミングと流れは?辞めるには手順も大事

07.キャリア・生き方

私は新卒で地方公務員になり、2年後に辞めています。

始めから公務員をやっていけるのかと不安ではあったのですが、10年後や20年後の自分が公務員として仕事をしていることが想像できず、自分の目指したいキャリアと違うということで結局辞めることにしたんです。

辞めるにあたって不安だったのが「どうやって言い出せばいいのか?」「辞めるまでにはどんな流れになるのか?」ということ。

初めてのことなので右も左も分からず、ネットで調べたりしながら手探りで手続きを踏んでいきました。辞める年度の10月に退職理由と意思を伝え、3月末に退職しました。

スポンサーリンク

辞める半年前

10月 まずは先輩職員に伝える

辞めるならまずお世話になったサポート役(新卒には必ず付くサポート役の先輩職員のこと)の人にまず言っておこうと思い、

他の職員の人達が帰って2人だけになったのを見計らい「実は…」と今の仕事を辞めようと思っていること、その理由を伝えました。

そうすると、驚いてはいたけれど優しく私の話を聞いてくれました。

私は軽い気持ちでそういうことを言う人ではないから、引き留めるようなことをしても仕方がないと思うと、嫌だと思っていたなら、無理に続けることもない。ガッツがあるからどこに行っても大丈夫そう、と言ってもらえました。

職員面談で課長に伝える

私の職場には年に一度『職員調書』という仕事の振り返りやこれからの仕事の希望を問う紙を提出する機会がありました。

そしてその調書を元に、課長と補佐と3人で面談をするのです。

この機会を利用して、退職する旨をつたえました。

伝えた感想としては、意外と…あっさりでした。

引き留められることもなく…。笑

係長にも伝える

順番を考えると、先輩職員に伝えた後に係長に伝えた方がよいと思ったのですが、なかなか係長と2人になる機会がなく、後になってしまいました。

係長はけっこう軽く「ああ、そうなんだ~」で終わり、後は世間話をして終わりました。

親に伝える

親に言うといろいろ口出しをしてくるので、昔から自分で先に決めて事後報告をしています。以前からほのめかしてはいたのですが、電話で伝えました。

両親ともにあまり本気にしてない感じ。

11月 課長に呼び出される

仕事中に課長に別室に呼ばれました。

課長なりに私のことを考えてくださって、辞める以外の選択肢をいろいろと教えてくれたのですが、私の心は変わらずで。

12月下旬 退職願を出す

12月の20日くらいだったでしょうか、辞めるのであれば年内に退職願を出すよう言われました。

これが最終決定になるから、これを出したらもう変更はできないと念押しされました。年明けまで保留できないかと聞きましたが手続き上、年内でないといけないと言われました。

ここにきて私は考え込んでしましました。本当に辞めてよいのか?と。

正直なところこのとき辞めようか辞めないか気持ちは五分五分だったのですが、最後は勢いで辞表を提出しました。

3月 異動の発表時期に、退職を発表

係の人には3月には既に辞めることは伝えてあって、同期の友人には異動の発表の直前に伝えました。みんな驚いていたけれど、私が辞めることは意外ではなかったようです。

次の異動先が3月半ばに発表されるのですが、そのときに退職者も発表になるので、そのタイミングで他の部署の人や同期に知られることになりました。

仕事で関わりのあった人には「辞めちゃうの!」と驚かれたり、隣の部署のかわいい後輩からは「小山さん辞めちゃうの、知らなかったです~」と言われたりしました。

3月 課の送別会

正直、どういう顔をしていけばいいのか分からないので出たくなかったのですが、出ないわけにはいかないよね…と参加。

「辞めた後どうするの」とか聞かれることはなく、「すごい決断だね~」と言われることが多かったです。

係の送別会では、係の方からとても素敵なプレゼントをいただきました。今でも大切に使っています。

最後の日

最後の日でも仕事はあって、確かに気は散ったのですがなんとか終わらせることができました。

花束をもらい、いつもより早い時間に、みんなに見守られて退場しました。

まだ仕事を辞めた実感は全くありませんでした。

私の職場はほぼ定時で帰れましたし、職員の先輩方もよい方ばかりでとても恵まれた環境でした。みなさんにお世話になってばかりで、感謝しかありません。

まとめ

退職するのは思ったより、スムーズにいったなというのが正直なところです。人事課に呼び出されるのではと思ってドキドキしてましたが、ありませんでしたし、辞めるときに嫌がらせを受けた人の話も聞いたので不安でしたが、なにもありませんでした。

しいていうなら、辞めるのが発表された後、年上の同期の人に「辞めるなんて早まったことを。一度話がしたい」と妙な正義感に燃えた人から連絡があったのですが、丁寧にお断りしました。若者の早まった行動を止めたいと思ったのかもしれませんが、よけいなお世話です。

私は仕事自体は辛いわけではなく、今すぐに辞めたいとは思わなかったので区切りのよい年度末に辞めましたが、辞めたいときに辞めるのがよいと思います。あと、有給も消化しないともったいないですしね。

 

【関連記事】

私が地方公務員を辞めて台湾に来た理由

公務員は安定してない理由を元公務員が考察する

スポンサーリンク