台北で日本語が通じる、安心の美容室をご紹介『Vice Versa』がおすすめだよ!

01.台湾留学

台湾に長く住むと「髪をどこで切るか」という問題がでてきます。

私は台湾留学前に髪を切っていきましたが、3ヶ月もすると髪がぼさぼさに…。

台湾人が経営している美容室に行くという手もありますが、髪型の細かい指示はやはり日本語でしたいところ。

髪を切るときは日本人の美容師さんがいるか又は日本語が通じる美容室に行きたいのです!

台北にも日本人向けの美容室は多いのですが、どれがよいのか分からない…。

ということで実際行ってみてよかった美容室を紹介します!

スポンサーリンク

凡裟髮藝 Vice Versa Hair Salon

最寄りのMRT民権西路駅から奥まったところにあるモダンな雰囲気の美容室が「凡裟髮藝 Vice Versa Hair Salon」です。

ここの美容室は店長さんが日本人で、通訳スタッフもいるし、値段も手頃(1200元~1800元)ですごくおすすめなんです!

予約から日本語でOK

予約するときは電話かLINEなのですが、両方とも日本語で対応してくれるとのこと!

受付の方が日本語ができる台湾の人なので安心です。

LINEで予約できるのは隙間時間に連絡ができてすごく便利です。私はいつもLINEで予約してます。

通訳さんが付いてくれる

店長さん以外は台湾の人がスタッフです。

髪型をオーダーするときは、通訳スタッフの方が通訳してくれます。

この通訳スタッフの方が日本語がまた流暢で!難しいニュアンスも伝えてくれるだろうと信頼できる感じです。

日本の雑誌を見て髪型を決められる

置いてある雑誌も日本の雑誌なので、日本にある美容室と変わらず雑誌を見て髪型を決められます。髪を切るときにずっと雑誌を読んでいたい人も安心です。

もちろん技術も納得ものです!

私はトップスタイリストのVeckyさんに髪を切ってもらいました。

髪型も自分が思ったのとほぼ同じ感じになったので満足です。

シャンプーの後にしてもらったマッサージがとても気持ちよくて、よかったです~。

さいごに

実はこの美容室に行く前に他の日本語が通じない美容室に行ったことがあったのですが、中国語を学んだばかりでうまくコミュニケーションがとれず全然納得のいかない髪型になってしまいました。

それ以来中国語を使ってオーダーするのは気が引けてしまったのですが、今回は困ったら通訳の方を呼べばよいのだと開き直ってスタイリストのVeckyさんとは中国語でやりとりをしました。

以前と比べたら私の中国語力もアップしてなんとか通じたし、楽しくおしゃべりもできたので自信がつきました!

お客さんは見たところ台湾人だけでなく日本人も来てました。

中国語ができなくても安心していける美容室なので、とてもおすすめです。

(2017年7月にカット)

Information

『凡裟髮藝 Vice Versa Hair Salon』

住所:台北市中山北路2段116巷9號
電話:02-2522-1002
アクセス:MRT民権西路駅2番出口から徒歩約5分

Facebookページ(主に中国語)  https://www.facebook.com/viceversa.tw

旅々台北(日本語) http://www.tabitabi-taipei.com/more/2011/0215/index.php

 

スポンサーリンク