プログラミングの勉強を始めました!海外でも生きていける人材になるぞ!

最近プログラミングの勉強を始めました。

プログラミングの存在は5年ほど前から気になっていたんですよね。

けれども大学の教職の授業でC言語に触れて「つ、つまらない…」と思ってから、私には向いていないと思ってそのままにしていました。

つい最近まで興味はありつつも、コードの文字の羅列を見ては「やっぱり無理だ…」と思ってたんですね。

ではなぜそんな私がプログラミングを勉強しようと思ったのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パソコンとインターネットがあれば仕事ができるから

プログラミングの仕事は会社に通うタイプもありますが、在宅でできる仕事もあります。とはいえ未経験からいきなり在宅フリーランスになるのは難しそうですが…。

まあ、パソコンさえあれば場所を選ばないというのが大きな魅力だと思うんですよね!

私の場合は台湾と日本を行き来する暮らしをしたいので、パソコン一台でできる仕事がいいなと。もし日本に戻ってきても、実家と仲間のいる新潟市や長岡市を行き来するのも楽しそうだなと。

また、これは5年以内に叶えたいのですが、ヨーロッパにも3ヶ月ほど滞在してみたいので、パソコンひとつあれば仕事ができるのはとても魅力的だと思ったのです。

身体の調子が万全でなくても働けるように

最近少し身体が不調な時期がありました。

その時考えたのが、もし今病気になって病院通いになったり、身体を動かす仕事ができないようになったらどうしようかということ。地元の求人票を見てみるとほとんどが体力を使う仕事。

身体に体力がなくてもできる仕事がしたいと思い、フリーランスのプログラマーであれば、自分で仕事を調整できるのではと考え始めました。

手に職をつけたいから

母方の祖父が職人であるのもあって、幼い頃から「手に職を持っているのは強い」と思っていました。

ポケモンでいうと、ノーマルタイプより火や水などの専門をもったほうが強くてかっこいい!という感じ。

公務員を辞めてノースキルな私なので、専門技術がないとこれから就職も厳しいなというのもあります。スキルがないとこの先戦うのは厳しいなと。

「こういうのできます!」というのを一つでも増やしていきたいのです。

さいごに:勉強し始めて2週間たったけど…

プログラミングの勉強をし始めて2週間が経ちました。

今はSchooProgateというサービスでオンラインで勉強しています。

始めはコードがただの暗号に見えてきましたが、近頃は目が慣れて文字に見えてきました。プログラミングが数学と似ているというのが少し分かった!かも!

早く稼げるようになるために勉強を頑張っていきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする