【新潟空港発】新潟から台湾に行く一番お得な行き方は?直行便・乗り継ぎ・新幹線経由で比較してみる

06.お役立ち情報

【2019年12月更新】

2020年3月29日から台北ー新潟線にLCCのタイガーエア台湾の就航が決定しました!!!

タイガーエア台湾は台湾唯一のLCCです。就航日は毎週月曜と金曜。価格も抑えられ新潟からもっと気軽に台湾に行くことができるようになります!

(参考:新潟空港、初の国際線LCC就航 台北線、来年3月から

 

このページでは新潟から台湾(台北・桃園空港)までの行き方を時間別・料金別にご紹介します。

新潟空港からの台北行きの航空券を【HIS】で探す
※検索時のポイント 出発日と現地出発日を「月曜日か金曜日」に指定すると直行便が出てきます。

スポンサーリンク

●月曜日・金曜日出発

月曜日と金曜日のみ、新潟空港から台北行きの直行便が出ています。

直行便のLCC「タイガーエア台湾」で行く! 

新潟から台北に行く方法で一番便利なのは、新潟空港からの直行便です。

2020年3月29日からLCCのタイガーエア台湾が就航することが決定しました!

所要時間は3時間半、料金はおよそ往復25000円〜です。

ただ、就航は月曜日と金曜日のみ

さらに時間は一日に一便、18:50新潟出発の便のみです

台北からの戻りの便も同じく月曜日と金曜日のみです。13:45台北(桃園)出発、18:00新潟到着。(2019年12月8日現在)

新潟空港のホームページで台湾行きの時刻表を確認する
タイガーエア台湾公式サイトから台北行きの航空券を探す

●月曜日と金曜日以外出発

直行便が飛ばない月曜日と金曜日以外に台湾に行きたい場合は、国内で乗り継いで行くパターンと新幹線で成田まで行ってLCCに乗るパターンがあります。

1. 新潟空港から乗り継ぎ便で行く! 

新潟空港から成田空港等の経由で台北に行く方法です。

所要時間は8~11時間料金は往復6万円代からです。

曜日を気にせず出発できるのがメリット。また空港内で乗り換えをするので、乗り換え時の移動の負担はやや少なめ。けれども所要時間が8時間以上となり、身体への負担は大きいです。

2. 新幹線で成田まで行ってLCCで行く!

新潟駅から成田空港まで行って、そこからLCCに乗る方法です。

所要時間は8時間半(空港でのチェックインの2時間含む)、料金は新幹線と飛行機で往復5万円代からです。

ただ注意すべきは、LCCの料金は乗る時期や買うタイミングによって変動が激しいこと。安いチケットが買えたら、安くなる可能性があります。

また、新幹線から特急、特急から飛行機と移動が大変なことがネックです。スーツケースを持って移動するのは、軽い物でも楽ではありません。

☆月・金出発の直行便が早くて楽

新潟から台湾に行く場合、時間と移動の便利さを考えると、圧倒的に直行便が便利ですね。運航日が月曜日と金曜日のみなのは注意です。

月金以外に出発したいという場合は、成田からのLCCで安いチケットが買えたら新幹線で行くのもありかもしれません。

タイガーエア台湾公式サイトから台北行きの航空券を探す

新潟空港からの台北行きの航空券を【HIS】で探す
※検索時のポイント 出発日と現地出発日を「月曜日か金曜日」に指定すると直行便が出てきます。

【関連記事】

台湾の治安は本当によいの? 日本人女性が特に気を付けるべきことは

かつての新潟県人の移民村『龍田村』にルーツを探しに行く

スポンサーリンク