【新潟空港発】新潟から台湾に行く一番お得な行き方は?直行便・乗り継ぎ・新幹線経由で比較してみる

2016年11月から、我がふるさと新潟から台湾への直行便が就航しました!わ~!めでたいめでたい。

新潟にいる友人達にも沢山台湾に来て欲しいなと思うのですが、新潟から台湾に行く場合、いくつか方法があるんですよね。飛行機で行くか、新幹線で行くか。

正直、どれが一番安いのかよく分からないですよね。

ということで新潟から台湾(台北)までの行き方を時間別・料金別にご紹介します。

1.とにかく楽な直行便で行く!

新潟から台北に行く方法で一番便利なのは、新潟空港からの直行便です。所要時間は4時間、料金は往復6万円代からです。航空会社は遠東航空(ファーイースタン航空)。

ただ、就航しているのは一週間の内月曜日と金曜日のみ

さらに時間は一日に14:00出発の便のみです。台北からの戻りの便も同じく月曜日と金曜日のみで8:30台北出発、13:00新潟到着のみ。(2017年4月11日現在)

新潟空港のホームページで台湾行きの時刻表を確認する

2.乗り継ぎ便で行く!

新潟空港から成田空港等の経由で台北に行く方法です。所要時間は8~11時間料金は往復5万円代からです。

空港内で乗り換えをするので、乗り換え時の移動の負担はやや少なめ。けれども所要時間が8時間以上となり、身体への負担は大きいです。

3.新幹線で成田まで行ってLCCで行く!

新潟駅から成田空港まで行って、そこからLCCに乗る方法です。所要時間は8時間半(空港でのチェックインの2時間含む)、料金は新幹線と飛行機で往復5万円代からです。

ただ注意すべきは、LCCの料金は乗る時期や買うタイミングによって変動が激しいこと。安いチケットが買えたら、安くなる可能性があります。

また、新幹線から特急、特急から飛行機と移動が大変なことがネックです。スーツケースを持って移動するのは、軽い物でも楽ではありません。

☆結果

新潟から台湾に行く場合、時間と移動の簡単さを考えると、圧倒的に直行便が便利ですね。安さを考えると、LCCで安いチケットが買えたら新幹線で行くのもありかもしれません。

●新潟空港からの台北行きの航空券を探す⇒スカイスキャナー
※検索時のポイント 出発日と現地出発日を「月曜日か金曜日」に指定すると直行便が出てきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

追伸:航空券のみを買うより、ツアーのほうがお得な件

航空券を買う前に一言。航空券のみを買うより格安ツアーを申し込んだほうが安いこともあるんです。

直行便の航空券とツアーを比較してみました

航空券はスカイスキャナーで、ツアーはJTBのホームページで、2017年6月1日~6月4日で大人1人で検索してみました。

航空券は59,820円

ツアーは最安値が69,800円です。ちなみに、最大限シンプルな、添乗員さんが付かない個人で行動するタイプのツアーです。

航空券とツアーの差は 9,980円ですが、

ツアーには、空港からホテルまでの送迎、2泊分のホテル、台湾かき氷と小籠包のクーポンが含まれてるんですよ。お買い得!

このような添乗員さんがいない自由行動のタイプだと、自分で計画を立てないといけませんが、台湾であれば旅行ガイド本も豊富ですし、漢字が読めるので自分で歩いてお店を散策するのも他の国と比べて難しくはありません。追加でオプションツアーもつけられますしね。

ということで、航空券のみを買うよりも、ツアーのほうがお得だよという話でした。

台湾よいとこ一度はおいで~。

【HIS】で新潟発の台湾ツアーを探す

⇒【JTB】で新潟発の台湾ツアーを探す

【関連記事】

【台東県鹿野】かつての新潟県人の移民村『龍田村』にルーツを探しに行く

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする